アプリケーションソフト開発

一覧へ戻る

デジタルマルチスライド

スライドプロジェクタのメンテナンスが不可能になりつつある現在、かつてのマルチスライドの画像展開が可能なシステムとして開発しました。それはパソコンとビデオプロジェクタを使用し、デジタル化されたコンテンツをマルチスライドのように上映できるシステムです。動画(DV、Mpeg)は全画面で、静止画(ビットマップ、JPEG)は全画面、4分割、9分割で表示できます。画面切替は動画はカット、静止画はフェード(アルファブレンディング)でクイック、速、中、遅、カットでの切り替えが可能です。